インド式カレー「夢民」で見た夢

「夢民」というお店でポパイカレーを食べた。
このお店、住所は大久保だが、戸山公園わきにあるので高田馬場といった方がよいところにある。 店内は広く、テーブル席もあると思いきや、このお店はご夫婦らしきお二人が12名ほど座れるカウンターのお客のみに、その場でつくるカレーを食わせる店らしい。 

それに気づいたのは、昼飯時の直前にとまり木のようなカウンター席に座った私が、混み合ってきたので様子を見ようとふと後ろを振り返った時だ。 てっきりテーブル席でオーダーを待っていると思ったお客達は、一昔前の床屋の待合いのように壁際の長イスに背中をつけて、カウンターでカレーを食しているお客達の背中を見つめていた。 あの広いフロアスペースを客席に使っていないのは、一品ずつ丁寧にカウンター席のお客の顔を見ながらサーブしようとする店主の心意気なのか、あるいは居抜きで借りたこの店舗が広すぎるだけなのだろうか。 

おそらくこのお店の前身は、バドワイザーのネオンサインが小粋に光り、ナポリタンスパゲティーなどを食べさせ、カウンターでは若者相手にカクテルやビールを出していたお店だったのではないだろうかと想像をはたらかせてしまった。

私が注文したのは、ホウレンソウ、ホールトマト、タマゴを使ったポパイカレーだ。
カレーの辛さもオーダーできるので、中辛の域に属する番号を頼んだ。 辛いのは好きだが、あまり辛すぎると味に気がいかなくなるので、控えるようにしている。 広いオープンカウンターなので、客はカウンター内で調理しているオヤジさんのうしろ姿を足元まで見ながら出来上がりを待つことになる。 2種の小型フライパンを巧みに使い、しきりに調理スプーンをGABAN缶に運ぶ。 野菜もふんだんに使い、最後にソースポットに盛る姿は文字通りの手作りだ。 

味の調和もよく、バランスのとれたスパイスの組み合わせをもっていて、私にはとてもおいしく感じられた。 しかし、外看板に「インド式カレー」とあるのはビミョーなニュアンスだ。 インドカレー特有のクミンの強烈な香りはこないし、もちろんインド人スタッフもいない。 インド式とは何を指しているのだろうかと、余計なことを考えてしまった。

オヤジさんの手作りの姿と、カウンターの作りが気になった私は、カレーもカクテルのように、とまり木に座ったお客のリクエストに応じて作る姿をイメージしてしまった。
(たとえばこんなふうだ)
「いらっしゃいませ、何にしましょうか」
「そうね、今日はいい事なかったから、パァーと目の前が開けるようなパンチの効いたやつがいいな。 うん、色にたとえるなら、冴えたオレンジ色っていうところかな~」
「わかりました、おまかせ下さい」と言って、やおらナベを振るいはじめるのだ。

ウン、こんなカレー屋があってもいい! 絶対ありだ。
[PR]
by Hhisamoto | 2005-09-30 21:57 | ■B級グルメ
<< 日本女子オープン選手権の宮里藍... ベルンハルト・シュリンクの「朗読者」 >>