自然派ワインのプロデューサー 『トロワザムール』 (BMO)

e0028123_10381630.jpgアヒルストアで飲んだワインを求めて、自然派ワインをプロデュースするBMO株式会社のアンテナショップ 『トロワザムール』に行った。

代官山にあるこのアンテナショップで、私が買い求めたのは、ドメーヌ・ド・ベルビュ(フランス ラングドック地方)のカベルネ・ソーヴィニヨン(赤)が2本、グロロペティアンが1本。

このカベルネは、ブドウ造りに手間をかけ、さらに高級ワインと同じく丁寧に澱(オリ)を取って行く行程を惜しまずに作られ、そこから味わえるコクがあるとのこと。 その他にも、コストパフォーマンスの良いワインばかりが揃っているように思えた。

素材の味を大切にしているレストランなどに出会うと、その店の料理人は、シェフや板前というだけでなく、生産者のプロデューサーの役目をはたしていると感じることがある。 食材をプロデュースするという意味では、この『トロワザムール』(BMO)は、自然派ワインのプロデューサーとしての役割を十分に果たし、単なる輸入業者とは一線を画していると思う。 

『トロワザムール』のHP (http://3amours.com/) にある「スタッフ渾身の一本」という推奨ワインのコーナーが面白い。 かわいい女性スタッフが顔写真入りで、自ら選んだ推奨ワインを丁寧に説明している。
[PR]
by Hhisamoto | 2010-10-11 19:58 | ■B級グルメ
<< 台湾料理の老舗 渋谷『麗郷』 7坪のワインバー 代々木八幡 ... >>