驚異のボクサー「マニー・パッキャオ」

e0028123_0441871.jpgWOWOWの15日間無料体験というサービスを使って、米アーリントンで行われたWBCスーパーウエルター級王座決定戦、マニー・パッキャオ(フィリピン)対 アントニオ・マルガリート(メキシコ)の試合を見た。

5階級制覇をしているマニー・パッキャオ(フィリピン)がアントニオ・マルガリート(メキシコ)を3-0の判定で下して新王者となり、6階級制覇を達成した。 フライ級からスーパーウエルター級までを制してしまうのだから、(パウンドフォーパウンドと仮想で言わなくても)現在の実力ナンバーワン・ボクサーと言える。

もうバケモノのような強さだが、解説のジョー小泉さんが言っているように、足を使ったスピードとそのフットワークを支えるスタミナ、さらにはパンチの的確さが尋常ではない。 相手のガードのすき間を通すようにパンチをヒットさせる。 高地トレーニングを積んで試合に臨むらしいが、質の違うモノを見せられた気がした。 ノークリンチで戦うこのようなホンモノのボクシングの試合を民放で流せば、ボクシングの本質に気づく人が多く出ると思う。

また、フィリピンではすでに英雄であり、国会議員の肩書きも持っているという。 多くの人が懸念するように、フィリピンの腐敗した政治の世界に巻き込まれて、色あせてほしくない。(フィリピンの政治が腐敗しているということが世界的に周知であることにも呆れるが)

オールドボクシングファンは、フィリピンの英雄は、元世界ジュニアライト級王者フラッシュ・エロルデをおいて他にいないが、そろそろ、このマニー・パッキャオも新たなフィリピンの英雄と呼んでもいいかもしれない、と言うのだそうだ。 いったいフラッシュ・エロルデとは、どんなにすごいボクシングをして観客を魅了したのだろうか? 観てみたい思いにかられる。 そのフラッシュ・エロルデに4戦4勝した日本の金子繁治のボクシングもまた観てみたい。
[PR]
by Hhisamoto | 2010-11-14 23:27 | ■おやじスポーツ
<< 神田 『ルー・ド・メール』 の... 藤沢周平 『海坂藩大全』 小川... >>