大阪なんば カレー&ワイン 『Cumin』

e0028123_11234450.jpgスペインのスパークリングワイン「コヴィデス ゼニウス ブリュット」はくせがなく、瓶内2次発酵の本格派ワインだと私は思う。 スパークリングワインはカレーにも合うのではないか、と思い頼んだのが大正解!

もう一つは、ジャン・リュック・テュヌヴァンという醸造家が南仏で作り上げた「カランドレ・レゼルヴ」という赤ワイン。 これも最高に美味しい。

カレーの強い芳香は他の食材の個性を包み込んでしまうため、一般的にカレーハウスはカレー以外のメニューを扱うことが困難とされている。 また、アルコールとカレーの相性も難しいものがある。 ところがこの「カレー&ワイン クミン」は、その常識の破り方を示してくれている。

30前後の若い店主と(意気が合っていることから)夫婦と思われる女性でまかなっている、カウンターのみ10席ほどの小さな店だったが、ワインのおつまみと言うには手の掛ったしっかりとした肉料理があり、またお客の応接まできちんとしていて気持がいい。

結局私はこの店で4種類のワインを飲んでへべれけになったが、上記のスペインのスパークリングワインと南仏の「カランドレ・レゼルヴ 2009」にめぐり会えて幸せ気分だった。
[PR]
by Hhisamoto | 2010-11-29 21:18 | ■B級グルメ
<< 新大阪駅 ビッラルさんの『モジ... 大阪・朝日新聞社ビルB2の 『... >>