新大阪駅 ビッラルさんの『モジャカレー』

e0028123_0441563.jpg秋から冬に掛けてのこの時期は、各企業が来年4月からの一年間の予算編成を決め込む時であるため、私は密かに自分の中で、この時期を来期一年分の注文を取る勝負のタイミングと位置付けている。 ふだんはボーとしていても、このための営業努力は惜しまない。 11月後半から、茨城、千葉、大阪、徳島とフラフラになって駆けずりまわっている。

その大阪、新幹線で行く新大阪駅にこのモジャカレーはある。 新大阪駅を新幹線から階下へ降りると、地下鉄のりばと飲食店やおみやげ屋が立ち並んでいる。 さらにエスカレーターで地下に降りたところにも飲食店だけが軒を並べている。 モジャカレーはその地下の一つのお店だ。 新大阪駅を使う立場の感覚からすると「地下」と言いたくなるが、実は新大阪駅に地下はなく、一階なのだそうだ。

e0028123_0435524.jpgバングラディシュ出身のビッラルさんが始めたという「モジャカレー」。 店はひじょうに小さく、おそらく3坪以下だと思う。 無理やり確保した6席ほどのカウンターで肩をすぼめてカレーを喰うのだ。

奥の調理場にいるのがビッラルさんと思われ、カウンターで注文をとる愛想のいいお姉さん(オバサンと呼ぶ人もいると思う)の二人で営業している。 何度か店に行ったが、いつもビッラルさんと大阪弁で言い合い(言い争い?)をしているので、夫婦なのかな?とも思える。

頼んだエビフライカレーに、青ネギのトッピングを100円で追加すると、見た目にも豪華なB級グルメとなった! 青ネギは思いのほかカレーに相性がよく、ボリュームと共に十分に満足させてもらった。
[PR]
by Hhisamoto | 2010-11-30 22:23 | ■B級グルメ
<< 大阪なんば・千日前 自由軒の「... 大阪なんば カレー&ワイン 『... >>