『アメリカ下層教育現場』 林壮一著

e0028123_22162598.jpg前半は著者が体当たりで「チャーター・ハイスクール」の代理教員を受け持つ体験談が書かれている。 後半は教育の現場にやり残した想いの著者が「ユース・メンタリング」という制度でボランティアを実践した体験が書かれている。

私は、この後半の「ユース・メンターリング」という制度の話しに大きな救いを感じた。 このような制度こそが社会の荒廃を防ぐ仕組みと成りえると言っていいと思うし、このような仕組みを考案し、それを百年前から実施してきたアメリカという国の英知を感じた。 日本で多くの情報が入手できるアメリカのことであっても、この「ユース・メンターリング」のように、まだまだ知らないことが多くあると痛感させられた。

税金を免除されるボランタリー法人が「Big Brother & Big Sister」と称して、親でも教師でもない第三者が、週に1回、何らかの問題を抱える子供と1対1の時間を共有する。 ボランティアが「歳の離れた1人の友人」として、子供と向き合うという。 すでに現在では、全米50州、そして35の国々で「ユース・メンターリング」は行われているそうだ。 親がドラッグに溺れ、家庭が崩壊し、放っておくと犯罪者になりかねない子供たちを Little Brother もしくは Little Sister と称してそっと接するのだ。

Big Brother や Big Sister としてボランティアする人は、「あなたがどんな人物なのか」を語ることのできる3人の身内以外の人の紹介が必要とされるなど、厳選される仕組みも確立されている。 そして、希望されて提携した学校の生徒と1対1で向き合うことになる。 

また、ボランティアする人がそのために受けるインストラクターによるレクチャーが興味深い。 例えば、状況に応じて20種類の誉め方を使い分けろ、という指示があるそうだ。

・素敵だね
・素晴らしい考えだ
・いい仕事をしたね
・素晴らしいよ
・キミは覚えるのが早いねぇ
・キミがその事を出来るって、こちらは分かっているよ
・トライし続ければ、必ずやり遂げられるさ
・まさに、その通りだね
・ずば抜けているね
・上手く進んでるじゃないか
・キミがどうやって、それをやったのか僕にも見せてくれるかな
・それこそが、進むべき道だね
・完璧だ
・最高だ
・どんどん良くなってるじゃないか
・僕はキミの言っている事がよく分かるよ
・キミの言葉、きちんと理解できたよ
・立派だ
・僕はキミを誇りに思うよ
・お見事

日本人は他者を誉めることが苦手だが、アメリカ人は己が認めた事柄や人間に対して賛美を惜しまない。同様に、徹底して誉めてやる気を引き出し、自信を与え、向上させていくという。
[PR]
by Hhisamoto | 2011-08-24 21:58 | ■えせ文化人(本、映画・・)
<< 『リング』 百田尚樹 『1967クロスカウンター』 菅淳一 >>