神田神保町のカレー

インド&パキスタンレストランチェーン「シディーク」なるカレーショップが神保町のアダルトショップ芳賀書店ならびにできた。 店の間口は小さいが、12~3席分はとれそうな長いカウンター席が薄明かりの店内奥まで並んでいる。 たっぷりと幅をとったカウンター席の前にはブラックミラーが張り詰められていて、落ち着きがある。店の外側から見た騒々しいデザインからは想像できない。 だが、店内のBGMもインド音楽だし、入り口の上部に据え付けられたTVモニターからしつこく流れている映像も、せわしいインド風MTVらしきシーンだ。 おまけに、せまいスペースにインド人スタッフばかり5~6人いる。採算は合うのだろうか。 4人は厨房にいるのだが、つねに大声でしゃべっていてやかましい。インド人とはおしゃべり好きな人種なのだろうか。 私にはインドの言葉はわからないが、きっと芸能ネタか、好みの女のタイプの話しで盛り上がっているのだろう。 そうに決まっている。

チキンカレー、ラムカレー、レンズ豆を使ったダルカレー、エビの入ったブローンカレーなどのメニューのほか、ビリヤニなる、いわゆるカレーピラフもあるし、ビールのつまみになりそうなタンドゥーリチキンもあった。 でもカレーにビールは基本的に合わない。 カレーに合うのはたっぷりの甘みと特有の渋みをもった本物のマンゴージュースだ。 できるだけオーソドックスに食したい私としては、ラムカレー・ライスをオーダーする。ライスはボリュームたっぷりのターメリックライス。くせがなく十分においしいが、ナンがもっとおいしいのに気づいたのは、2回目に訪れた時だ。

同じ神田神保町には、大正13年創業の老舗、スマトラカレーの「共栄堂」がある。 800円のポークカレーが看板メニューだが、ルーダクで食べるのが好きな私には、ご飯が2割程あまってしまうため、1000円でカレーだけ大盛り、というやつを頼まざるをえない。 つなぎに小麦粉を使っていないらしく、すっきりとしたカレー本来の味が楽しめるし、スマトラをイメージさせるココナッツの香りもいいが、プレーンなカレーそのものを味わいたい私には、あの肉の多さはありがた迷惑といったところ。 席につくと、カップに入ったポタージュスープと共にオーダーを聞かれ、ポークカレーなら秒殺で目の前に並ぶ。 ちなみにこのポタージュスープはかなりいける。 貫禄のあるご主人みずからが店に立ってらっしゃるが、あんなに大勢のインド人従業員を雇う「シディーク」を見たら、ご主人はどう思うだろうか。 きっと「おしゃべりしながら仕事ができます!」などの甘い広告で、おしゃべりインド人を国から呼び寄せ、驚くほど安い給料で働かせ、夜は部屋を与えずに、修行と称して仏陀のように廊下に座らせているに違いない、と思うだろう。 そうに決まっている。
[PR]
by Hhisamoto | 2005-06-25 01:38 | ■B級グルメ
<< インド人シェフが作る「インドカ... GOLDEN CHILD BO... >>