映画 『歓びを歌にのせて』

北欧の小さな村を舞台にしたこのスウェーデン映画には、人生の摂理が凝縮されていると思う。 日本は文化的にもアメリカ寄りのため、スウェーデンで大ヒットしたこんな素晴らしい映画であってもなかなか観ることができない。 とにかく引き込まれる映画だ。

e0028123_2312242.jpg
監督・脚本:ケイ・ポラック
出演:ミカエル・ニュクビスト フリーダ・ハルグレン
    ヘレン・ヒョホルム レナート・ヤーケル
2004年/スウェーデン/132分
配給:エレファント・ピクチャー
人間の心の中には、健やかで社会的に前向きな心が50%以上あるが、人を出し抜く気持ちや暴力的な心も、数%は潜んでいる。 この割合を集合させてもパーセンテージは変わらないので、地球上では常にどこかで戦争が起こっているのではないだろうかと思う。

世界的に有名なオーケストラ指揮者といわれたダニエルは、傷ついた羽を休めるように、生まれ故郷の小さな村に戻り住む。 その村の数人の聖歌隊が、ダニエルに残された「人を幸せにする音楽を創りたい」というささやかな夢を現実のものにしていく。 

登場人物はみんな生々しい生活を抱えている。
その中に、酒乱の夫に悩む二人の子供の母親ガブリエラがいる。
獄中の人となった無言の夫を前に、「私は、あなたを恨んでいない」
「不思議ね・・、みんな、それぞれ努力しているのに」
とガブリエラは告げる。

美しいソロを歌うこのガブリエラは、へレン・ヒョホルムというスウェーデンを代表する人気歌手だそうだ。 この美しい歌声を聴くためだけに観ても価値があるかもしれない。

e0028123_127940.jpgまた、レナというちょっと太めで色白な美しい女性がいる。 誰に対しても自然な思いやりをもって接する天使のような女性だ。 物語の中では、ダニエルへの恋心にゆれ、美しい裸身を惜しげもなく見せてくれる。 このレナ役のフリーダ・ハルグレンを見るためだけに映画を観てもいいかもしれない。

いじめは子供だけの問題ではない。 大人になれば深く内在し、露見してくる時には複雑になっているだけの話しだ。 大人がねじれた感覚を是正できないでいる限り、その「ねじれ」は子供に伝染する。 ・・・これは心のねじれに対する私の意見だ。
[PR]
by Hhisamoto | 2006-02-11 22:43 | ■えせ文化人(本、映画・・)
<< 岡崎朋美の太モモ ミリオンダラー・ベイビー >>