「夜回り先生」 水谷修さんのこと

2006年3月22日、「夜回り先生」で知られる水谷修さんの講演会が国立市であった。 
e0028123_20593872.jpg
すでにマスコミを通じて知っている話しが多いはずだが、この人の肉声を聴いて、何かを得たい気持ちが強かったので、平日の6時30分からの講演を聴きにいった。

この水谷先生は15年前まで、横浜の進学校のごく普通の社会科教師だったが、友人教師とのある係わりから、夜の世界の先生と呼ばれるようになり、延べ10万人の危機を訴える子供たちと接することになる。 

リストカットでしか自分のはけ口を見出せない子供たちのこと。 
責任を取らない教師への怒り。 
第三次薬物乱用時代は10代の子供たちがターゲットになっていること。 
大人は言葉を使いすぎず、子供を信じること。
なぜ叱る必要がある。 子供には美しい、優しい言葉をかけてやれ。 
亭主は妻に仕事の憂さをぶつけ、妻は子供にその憂さをまわす。子供はどうなる。
あと少しのところでシンナーから抜けられずに死んでいったマサフミ君のこと。 
「頑張れ、強くなれ」は通用しない局面を知ること。 
錠剤を人前(特に子供の前)で飲む姿を見せないこと。 
HIVで壮絶に死んでいったアイちゃんのこと。 
性教育を抑制している東京都に対し、知識に罪はないという持論。 
小泉内閣の行政が、地域の負担を家庭に移行させようとする安直さへの警鐘。 
8年前の藤沢市の中学が地域に対して行った「笑顔での声がけ運動」のこと。 

すでに人からの話しやテレビ・本などで、ほとんどの内容は知っていたが、これらを語る水谷先生の言葉に、この人の苛烈な生きざまをあらためて感じさせられた。 

また、立て板に水のように話す言葉の端々から、「夜回り」という作業のリアリティが垣間見れた気がした。 例えば、先生自らが言う「夜の世界」から子供を救い出すための具体的な行動に、組織暴力団との駆け引きがあるらしき言葉を聞いた。 「足を洗いたいなら指を詰めて持ってこい」と言われている子供に対して、「よし分かった、先生が話しをつけに行ってやるよ」と言うのだから、その後はテレビドラマのプロセスとは異なるものがあることは推測できる。 このような解読は、編集されていない生の声から聞き取れる機微だ。 自分は千人のスタッフや協力者に支えられている、とも言う。 もしかすると、この人はマスコミを日本一有効に活用した先生かも知れない。

それから、水谷先生が先に使った言葉なのか、あるいは槇原敬之が先なのか分からないが、「世界に一つだけの花」にあるフレーズが使われる。 『子供たちはみんな個性豊かな世界にひとつだけの花だ。 なぜ比べる必要がある。 ほめて伸ばしてあげればいい。』  私はこの言葉も生で聞いてみたかったのだ。
[PR]
by Hhisamoto | 2006-03-25 11:24 | ■えせ文化人(本、映画・・)
<< 前略おふくろ様 篠田節子 「ロズウェルなんか知... >>