魚河岸の町・築地の雰囲気

都営大江戸線「築地市場」駅は、地上に上がる前から魚くさい匂いが鼻をついてくる。

e0028123_128435.jpg午前中であれば、市場の中の食堂でめしが食えるのだが、仕事でこの街を訪れる私はたいていそのタイミングを逃している。 今日も夕方4時をまわったので、築地場外の門跡(もんぜき)通りを歩いてみた。

そこには、通りに背中を向けてカウンターでめしを食わせる店が数件ある。
きっと夜には、一杯やる人で賑わうんだろうなと想像できるエリアだ。 年季の入った市場職人風のおっさん連に混じって、若い女性客もいる。 むしろここでは、私のような背広姿の方が場違いだ。

その一軒で『まぐろのほほ肉ステーキ丼』(900円)を注文する。 
まぐろのづけ丼も魅力的だったが、ほほ肉ステーキの珍しさを味わうことにした。

e0028123_129045.jpg適度に焼いたほほ肉はやわらかく「ステーキにした」といえる食感だったし、レタスときざみネギがいいバランスを出していた。 焼き汁をタレとしてかけていたようだが、場に合わないほど上品なうす味だったので、私は目の前の醤油をかけて食べた。

こんな場面の記述は、椎名誠だったらもっとダイナミックに楽しそうな表現をするんだろうなあと思えるし、中島らもだったら、さらに異次元に連れていってくれると思う。 しかし、私の最も敬愛するエッセイの書き手は、『不良ノート』など多くの著書がある百瀬博教だ。 著述家としてはマイナーかもしれないが、男らしい孤高とした感性が好きだ。 百瀬さんだったら、魚河岸の町・築地の雰囲気をどのように表現するのだろうかと思ってしまう。
[PR]
by Hhisamoto | 2006-04-28 22:08 | ■B級グルメ
<< 愛と藍 ヌキテパ 田辺年男シェフのこと >>