国分とらやの『栗黒丸』

もう20年も前になるだろうか?
私は単身渡米して、カリフォルニアでコンピュータのソフトウェアビジネスに従事していたことがある。 といっても、当時アメリカ進出が盛んだった日本企業の現地法人のシステムサポートをすることしかできず、純粋な米国企業の壁の高さに圧倒された記憶がある。

その当時、お世話になったコジマさんという、当時日本企業の現地責任者だった方に、つい最近、ひょんなことから再会して、昔ばなしでひとしきり盛り上がった。

当時、日本から来た人たちはみんなゴルフをやった。
日本から比べれば圧倒的に安いプレー費が魅力らしく、みんな仲良くクラブを振った。 私の場合は、大手建機メーカーの社長が日本に帰国する際に、ドライバーセットを譲ってくださったことが契機で、へたなゴルフを始めることになった。 「猫も杓子も・・」という形容は合うが、由緒あるアメリカのカントリークラブの場には決して合わない私のような若造までみんなゴルファーだった。 しかし、日本でのゴルフ経験もなくアメリカで働いていた私としては、日本から来るビジネスマンたちが、どうしてあそこまでゴルフに一生懸命になれるのか理解できない部分があった。

当時の青かった私としては、まだ日本が十分に恋しく、日本女性の温かみをあらためて認識したり、アメリカには絶対になかった甘さ控えめの日本のおいしいお菓子や、カレーパンなどの何気ない食べ物にあこがれたことを覚えている。

********************************

e0028123_22292257.jpgイトーヨーカドーでも買えるおいしい和菓子がコレ。
国分とらやの『栗黒丸』

洋菓子を思わせるような上品な甘さと栗のおいしさが見事にマッチしている。 黒砂糖が使われているが、バランスのとれた使われ方をしているせいか、くせがなく風味の良さだけが口に広がる。 

ネット通販では8個入りで¥1,050とあった。
ちょっとしたお使い物にしても喜んでもらえると思う。
ごく身近で「見つけたゾ!」という感覚だ。

国分とらや 本店 
鹿児島県霧島市国分中央1-7-54
[PR]
by Hhisamoto | 2006-06-04 19:29 | ■B級グルメ
<< 柳瀬の空から 神田小川町「ガネーシャ ガル」... >>