小田原でカレーとあんパン

e0028123_1952843.jpg仕事でひとり小田原へ行った際、昼飯を食べる時間が作れたので、駅の東口へ降りると、私を待ち構えていたかのように『カレー屋 パク森』小田原店があった。 

『パク森』は横濱カレーミュージアムに出店していることで知られ、またオーナーシェフの森幸男氏が「TVチャンピオン」カレー職人選手権でチャンピオンになったことでも知名度の高いお店だが、私はまだ食べたことがなかった。

「女性を意識したヘルシーでまろやかな味が特徴」と聞いていたが、色とりどりのメニューが並ぶのはそのせいか。 メインメニューである「パク森カレー」(ドライカレーとカレーソースの合いがけ)を食べたが、たまねぎ、トマト、スパイスの配合がおおよそ見当がつく味だった。 チェーン店舗展開しているお店にはどうしても限界がある。


e0028123_20424890.jpgパク森を出て時間を持て余していたので、東口商店街をぶらつくとすぐに『守屋のパン』というレトロな看板が目に入った。

5,6人の白衣すがたのおじちゃん、おばちゃんたちが元気に働いている様子につられて店頭へ行くと、「いらっしゃいませ! 何にしましょうか、あんパンもありますし、出来立ての季節限定白あんパンもあります!」と、見物だけではすまされそうもない雰囲気につつまれてしまう。 

森繁久弥とかフランキー堺が出ている日本映画の風景が脳裏をよぎる。 今は昔、アルミトレーに積まれたパンが、ガラスのショーケースに並べられている。 バスケットとトングを持って好きなパンを取るのではなく、ショーケースの向こうに立つ白い三角巾を頭につけたおねーさんに「これとこれクダサイ」と注文するシステムのこんなパン屋さんが、街の普通のパン屋さんだったのではないだろうか。 

小田原初心者の私は(気弱にも)勧められた通り「それじゃあ、その白あんパンを下さい」と2つを白い紙袋に入れてもらった。 手にするとあんが満載でずっしり重く、パンが薄皮のようなあんパンだ。 一つは歩きながら食べたが、大型のまんじゅうを食べているようで、2つ目はカバンの隅っこに入れて持ち帰り、嫁さんへのお土産にした。

これから初めての客先に訪問して、たくさんの人を前にしてプレゼンテーションに望む緊張感はまったく湧いてこなかった。 
[PR]
by Hhisamoto | 2006-09-26 19:41 | ■B級グルメ
<< アメリカ産の花柳小説 「さゆり」 リーペリンのウスターソース >>