西国分寺 カレーハウス 『すぷーん』

e0028123_2023158.jpgひと言でいえば、完成されたカレーライスを食べさせてくれる店。 カレーは一種類。 トッピングでメニューバラエティーをアレンジしているが、ベースになっているカレーそのものがおいしいから何を食べてもおいしい! 週替りカレー(写真はカキフライカレー)という季節のおすすめメニューが用意されているので、たいていのお客さんはこれをオーダーするが、私はプレーンカレー(¥420)で十分満足してしまう。

世の中には、ご本家のインドカレー、洋食屋さんのカレー、スープカレーと多種多様なカレーがすでに存在しているが、ここのカレーはコスモスのようにバランスのとれた日本人に愛されるカレーだと思う。 一種類のカレーのみで勝負している男らしさも私は大好きだ。 こんな味が作り出せたらどんなにか楽しいだろうと、ナベを振ってみたがどうにもならず、くやしいので武蔵境のインドカレーの教室へ通って基礎から勉強している。

今年の夏にはお店の10周年記念をやっていた。 私は西国分寺に住んで9年目だが、毎日通る道すがらにこんなすごい店があったことを知ったのは、カレーに目覚めたここ3年のこと。 最近でこそ、ご主人の山田さんと言葉を交わせるようになった。 今日も、この写真を撮らせてもらっていたら、ネットにファンサイトがあることを教えてくれたので、MIXIを検索してみるとメンバー76人の堂々たるコミュニティが1年も前からできていることを知った。
これまたくやしいけれど、77人目の参加者になった。
[PR]
by Hhisamoto | 2006-10-19 20:20 | ■B級グルメ
<< 『美しい国へ』 安倍晋三 その国の名は、 『キッザニア』 >>