映画 『チームアメリカ』と、『暴かれた9.11疑惑の真相』 

e0028123_22241011.jpgとにかくとんでもない映画! あまりに不快感をあたえるものだから、ということで放送禁止になる国も続出したというシロモノ。 エロ、グロのオンパレード! まさに、最低で、とんでもない映画。 だけど、突き出てしまっていて、珍しいものを見せてもらったという感触と、なんとなく憎めないところが残る。 いったいどんな奴らが作ったんだろう、という感じ。 映画の類別をするために、左右上下に数直線を引いても、どこにも分布しない映画。
つまり、おもしろいなぁ~こういうの!

ストーリーはあってないようなもの。 国際警察のチームアメリカ5人が、世界の平和を守るため、エッフェル塔を倒しながら戦うところから始まり、悪の親玉・北朝鮮のキム・ジョンイルに立ち向かっていく。 ハリウッドはアメリカの広告等だと思っていたけど、自らを自虐的に笑いのネタにしながら、47億円もかけてこんなものを作ってしまう。 アメリカはなんでもありなんだなァとつくづく思ってしまう。


e0028123_2232158.jpgなんでもありのアメリカといえば、こんな本を人から借りて読んだ。 2001年9.11に起きた同時多発テロは民間人3,000人に達する死者を出す大惨事となった。 しかし、このテロは仕組まれたものであり、アメリカの陰謀であるとする説をまとめた本だ。

真珠湾攻撃はアメリカが仕組んだ罠だった、という説がある。 9.11も同様に仕組まれたアメリカの陰謀であり、国力高揚のために適宜使われている手段だという見方だ。 (ほんとかな~?)

激突した4機のうち、世界貿易センタービルに激突した2機の航空機はともに炎上。 高熱のため焼失し、残骸は何も残っていないと伝えられている。 しかし、専門家は「機体がすべて焼失することもありえないし、シリアル番号をふって厳格に管理している膨大な部分のうち、一つも見つからないなんてことがあるわけがない」と語る。 どんな墜落炎上事故でも、エンジンなど重要な部分は焼失せずに残っているものだという。 また、そんな状況でありながらなぜか実行犯のパスポートだけは判読可能な状態でみつかった、というのもおかしい、と語られている。

シカゴのある大学教授は、「これほどの事件を起こすには、巨大な闇の組織がないと不可能。 それも最低でも200人ほどのトップレベルの人材がいないとこれほどの計画は成り立たない。 普通なら途中で計画は頓挫する」と説いている。 このような内容が証拠写真などと共に満載されている。

『真相究明国際会議』なるものも、日本を含め、世界各地で開かれているという。 学識者によるフォーラムの開催や文献・資料の公表も相次ぎ、世界各国に賛同者がいるらしい。 彼らの標的は、作り物の七面鳥を大皿にのせて、災害復旧にあたるニューヨークを、慰問と称して闊歩していたジョージ・ブッシュであり、アメリカの権威主義らしい。
[PR]
by Hhisamoto | 2006-11-28 01:58 | ■えせ文化人(本、映画・・)
<< A級グルメ 『分とく山』のゴハン 古奈屋のカレーうどん >>