おいしいバケット

「おいしい赤ワインとフランスパンだけを食べるんです。 ほかの物はナシ。 これがいま一番気に入っているスタイルです。」 と言ったのは、ちょくちょく仕事をお願いする通訳のユキエさんだ。 金のかかる食材や凝ったレシピなどを必要とせず、厳選した質素を味わう。 気の散るものをテーブルに置かずに、こころに余裕を持って優雅さを楽しむ。 そんな感性がとてもいい。

***************

e0028123_1265194.jpg私が選ぶフランスパン(「バタール」あるいは「バゲット」)は、以前は梅が丘LASAだったが、西国分寺に引っ越してからは、立川若葉ケヤキモールのムッシュイワン。 

梅が丘のLASAは、10年前は同じ地域の裏通りで一人か二人しか店に入れないような小さな建屋で商売をされていたが、当時から味は素晴らしかった。 地味な感じのご主人だったが、3年ほど前に梅が丘駅前に出店を果たし、店内も広々と明るくなり、種類も品数もずっと増えていた。 バケット類のほかにもクリームパンなどの菓子パンも好評のようだが、私が選ぶとすればここのベーコンエピだ。 ほかでは味わえない食感がある。

ベーカリーカフェムッシュイワンのバケットは、外側が焼き色通りのパリパリで中がふっくらモチモチ。 特に「フルートイワン」(¥190)というバケットは、フランス産小麦をベースにライ麦粉配合して「ポーリッシュ法」という焼き方をしているそうだ。 素朴にして最高!
[PR]
by Hhisamoto | 2007-01-14 19:27 | ■B級グルメ
<< 内館牧子 「女はなぜ土俵にあが... 三鷹ジブリの森 >>