レイモンド・チャンドラー 『長いお別れ』

e0028123_2343589.jpg人は強くなければ生きていけない。 やさしくなければ、生きていく資格はない。 (If I wasn't hard, I wouldn't be alive. If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.)

ハードボイルドの王道、レイモンド・チャンドラーの名セリフに心を奪われて何冊か読んできたが、まだこのフレーズに出会っていない。 しかし、社会のルールからは外れても、自分のこころの言葉に忠実に従う主人公の探偵フィリップ・マーロウには出会った。

生きていくためのルールは、自分で決めるのだ。 他人の価値観に左右されることなど、あるはずがない。 たとえ社会の価値観と違っていても。
損得の基準も、自分のこころが満たされるか否かなのだ!
[PR]
by Hhisamoto | 2007-02-28 22:48 | ■えせ文化人(本、映画・・)
<< オオカミ犬の話し 熊谷達也と乃... 有森裕子のラストラン >>