いま欧米で流行の脱『トランス脂肪酸』とは

e0028123_217876.jpg米国の食品業界では今、トランス脂肪酸(Trans Fatty Acids)を排除していこう! と一大ブームとなっているらしい。 

トランス脂肪酸(TFA)と呼ばれるこの物質は、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らすため、心臓病のリスクを高めることが分かっている。
日本の死因のトップは癌だが、米国の場合はメタボリックな人間が多く、死因のトップは心臓病なので、文字通りの死活問題なのだろう。

トランス脂肪酸は、マーガリンやショートニングを製造する際、液状の不飽和脂肪酸を固形化するために水素を添加することによって飽和脂肪酸に変化させる過程で発生する物質。 天然に存在する脂肪酸は、ほぼ全部シス型という立体構造を形成しているが、この水素添加したものは、トランス型という天然にない構造になるという。

米国は2002年7月、食品医薬品局(FDA)などからの要請により、医学学会(Institute of Medicine)はトランス脂肪酸の摂取に関するレポートを発表した。 レポートは、トランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増加させることから、心臓病のリスクが高まるとしている。 これを受けて、FDAは2004年1月から食品中のトランス脂肪酸含有量の表示を義務化しているという。

たとえば、米国のマクドナルドは2003年2月までに全米13,000店での使用の油脂をトランス脂肪酸の少ないものに代えると発表した。 パーム油に切り替えるのだそうだ。(ほんとかな?)

アメリカ以外のトランス脂肪酸に対する対応としては、オランダがトランス脂肪酸を含む油脂製品を販売禁止を予定。 デンマークは、ある限度以上のトランス脂肪酸を含むものは販売禁止。 フィンランドでは、トランス脂肪酸ゼロのマーガリン「ベネコール」(商品名)が、同国マーガリンの売上げのトップを独走している。、とのこと。
[PR]
by Hhisamoto | 2007-05-29 20:52 | ■B級グルメ
<< ホンモノの味 オーストリアの『... 新横綱 『白鵬』 >>