クリスピー・クリーム・ドーナツ

e0028123_2039447.jpgオーストラリアからの客人をアテンドして、有楽町イトシアへ行った。

実は、私自身が話題の「イトシア」へ出かけるのは初めてで、何があるのかと思えば「マルイ」じゃないか、と拍子抜けする思いだったが、日本が初めてだというオーストラリアから来た客人の女性は、ファッションに敏感に反応した様子で、服をたっぷり買い込んでいた。

私が興味を引いたのは、むしろ地階にあった「カレー屋名店会」や「クリスピー・クリーム・ドーナツ」の異常な行列だった。

できればドーナツを買ってきてほしい、と仕事仲間に言われてきたので、あわよくば買おうと思っていた。 30人ほどが並んでいるので列の最後尾を探すと、なんと列は一旦中断してから、さらに地下鉄方面へ抜ける場外に長々と列があり、その中間に1時間20分待ちの立て札が立っているのを見て唖然。 何人もの警備員が整列に務めているドーナツとは、いったいどんなものかと思ってしまった。 

クリスピー・クリーム・ドーナツは、1937年にノースカロライナ州で誕生し、現在13カ国、約400店舗を展開しているドーナツショップだ。 日本1号店の新宿サザンテラス店に続き、10月12日に待望の2号店が、有楽町イトシア内にオープンし、こちらも連日にぎわいを見せている。 (日経トレンディネット)

聞けば「クリスピー・クリーム・ドーナツ」は、オーストラリアにも店があるそうで、彼女は食べたことがあるそうだが「味は特別なものではない」とサラリと言っていた。 

この人気のドーナツの歴史は何と1933年に遡るそうで、いくつもの創業やレシピの逸話が残されているそうだ。 特別な味の違いはないにしても、ほんの少しの創意工夫が大きな評判の違いに結びつくことはあり得るということだろう。  『たかがドーナツ、されどドーナツ!』 ということか。

e0028123_15552890.jpg
[PR]
by Hhisamoto | 2007-11-25 20:39 | ■B級グルメ
<< ANAインターコンチネンタルホ... ミシュランガイド 東京 2008 >>