参宮橋 「Himalaya Curry」

e0028123_22393222.jpg秋の定期健康診断の結果がでた。
総コレステロール値は右肩上がりに順調な伸びを示していた。 適正範囲はすでに昨年に突破したまま記録を更新している。 このままではイカンと思っていたところに、ボクシングジムの後輩から電話があり、代々木にある「オザキボクシングジム」の話題になった。

そういえば金子ジムOBがトレーナーを務めるオザキボクシングジムに、しばらく顔を出していないことに気付いた。 そうだ、自分にとってサンドバックを叩いている時間くらいいい汗をかける過ごし方はないのだ、と今さらながらに思いついたので、今日はスポーツウェアの用意もないが、とりあえず遊びに行くことにした。

e0028123_22245485.jpgジムに入ると、元日本Sフライ級チャンピオンでチーフレーナーの木谷氏の元気そうな姿があった。 久しぶりに会ったので、亀田兄弟の今後についてなどボクシング界の話しをして過ごしたが、やはり今度はウェアを持ってきて汗を流そう、と思い立ってジムをあとにした。

そう思い立ったのもつかの間、小田急線・参宮橋駅への帰り道に新しいカレー屋ができていることに気がついた。 インド人スタッフの顔が見えるが、店造りはインドカレー屋らしからぬセンスの良さがあることに期待を煽られて店に入る。 狭い店内の2階席に座って「お薦めのカレーは?」と聞けばスープカレーだという。

e0028123_18443248.jpgインドカレーにスープカレーがあるとは面白い! とオーダーする。 ナンとインドスープカレーという取り合わせに半信半疑だったが、この店に入った時から強く香った本格的なスパイス臭は、この店のカレーがホンモノであることを表わしていた。 油があまり使われていない、おいしいスープ(インド)カレーだったし、ナンもサクサクのモチモチだった。


小田急線・参宮橋駅から2分
HIMALAYA CURRY
[PR]
by Hhisamoto | 2007-12-06 22:22 | ■B級グルメ
<< アラン・グリーンスパン 『波乱... 名古屋 鶏料理の『五鐵』 >>