はまりTVドラマ『ミディアム』

e0028123_1694786.jpgいま、寝不足に悩まされるほどハマっているドラマがこれ!

アリゾナ州検事局にパートで勤める平凡な主婦アリソン・デュボアが、サイキック(霊能力)を駆使して事件を解決していく。 と、そこまで聞くとよくあるドラマ話しとなってしまうが、このアリソン・デュボアなる霊能力者は実在の人物であり、半生を綴った著書あると聞くと、よりドラマの見方に深みが増すのは私だけではないはず。 実際、ストーリーもプロットもよくできていて引き込まれる。
私のお勧めは、レッスン1の第5話「訪れた危機」。
魔女狩りのごとく証人喚問を受ける主人公アリソン・デュボアが、見ている私たちの想像をはるかに上回る言動で危機を乗り越える。 (思わずうなってしまうシーン!)

それから、全編に普通の5人家族の生活感がただよっているところがいい。
毎朝、3人の子どもの朝食と学校への送り迎えから始まり、夫と協力し合いながら暮らす平凡な一家族の様子がある。 (嫁さんは、年代も家族構成も似ているうちの家族とダブらせて見ているらしい。)  どんな超能力があろうとも、人間らしい喜怒哀楽のある暮らしに勝る幸せはない、というのがこのドラマの底辺に流れるテーマということか。


e0028123_1716363.jpgまた、私と嫁さんが長期ハマっているドラマは、なんと言っても『ER』。 (もう、10年以上になるのでは)

主人公を定めず、ひとつの救急病棟を舞台に、ドクター、看護師、事務、そして運び込まれる患者に、それぞれの人生模様が交錯する。 仕事、恋愛、結婚など、人生観や価値観が乱れ飛び、人間の生き死ににドラマが凝縮されている、といった感じ。 なんとも生々しい感覚に夫婦でハマっている。

最近、日本語で聞きながら、字幕を英語で見ている。 雰囲気だけの意訳がほとんどなく、翻訳が忠実でしっかりしているので、英語の勉強になる。
[PR]
by Hhisamoto | 2008-04-13 16:07 | ■えせ文化人(本、映画・・)
<< 槇原敬之 『遠く遠く』 三浦綾子 『塩狩峠』 >>