今、私に考えられる最高のおもてなしの店

80年代の後半、私がアメリカでたいへんお世話になった甲斐さんが帰国された。
今、私に考えられる最高のおもてなしの店といえば、野崎さんのいる「分とく山」をおいて他にないので、フクイカレーの福井氏との3人で会食をセッテイングした。

e0028123_23575060.jpg
結局、甲斐さんは「分とく山」を大いに気に入ってくれて、銀座の夜まで含めて、全面的にごちそうになったのは我々の方だった!

e0028123_19251116.jpg


e0028123_19212026.jpgあゆのうまみを絶妙に使った「あゆご飯」。 おそらく一番最初に出されたら、この一品だけで満足してしまうだろうと思えた。 いつ頂いても、ご飯そのものが抜群においしいのが、分とく山の単純にして大きな特徴だと思う。

相変わらず取材等で昼間は忙しいという総料理長の野崎さんだが、この板場に立つことを第一に優先しているという。 
[PR]
by Hhisamoto | 2008-07-19 19:18 | ■B級グルメ
<< インド料理研究家の香取薫さんと 『夏向きトマトカレー』 by ... >>