国立 安心おやつの 『はらドーナッツ』

国立のシュタイナー幼稚園「星の子」の運営委員会があった帰り道、カリーサロン「さくむら」でビーフカレーを食べる。 「さくむら」のマスターは、美味しいカレーの味を求めて食べ歩いたが、なかなか見つからず、自分の理想の味は自分自身で作り上げるしかないとの考えに至り、勤め人の頃から20年余りをかけてこの味を作り出したと話してくれた。 印象的なカレーとしては、虎ノ門「赤トンボ」のカレーなどを挙げていたように、どうやらマスターは欧風カレーを極めようとしているようだ。

e0028123_175970.jpgさらに帰り道、新しくできたドーナッツ屋『はらドーナッツ』で、子どもたちのためにドーナッツを買い込む。

この場所は、昨年まで「香鈴亭」という美味しいカレー屋があった場所だ。
安心おやつと銘打った『はらドーナッツ』は、10種類ほどのドーナッツをその場で揚げて、できたてを売っている。 何店舗か各地に出店しているらしいが、元は「原とうふ店」というとうふ屋がそのオカラを利用してドーナッツを作ったところから始まったらしい。 揚げたての香りの良さと、全粒粉がバランスよく使われているためか、味に深みがあってとても美味しい。


e0028123_1752697.jpg自分のためには、「ノイ・フランク」で、ローフトビーフを200グラム切ってもらった。

「ノイ・フランク」は、手づくりソーセージを販売する店であり、かつ店舗の奥にレストランもある。 限定販売している沖縄のアグー豚を楽しみにしている地元の方も多いらしい。

ローストビーフにかけるソースは、バターを火にかけて、しょうゆとレモンを使った「レモンバターしょうゆ」にしてみるか、それともオリーブオイルとにんにくで「ガーリックソース」を作るか?迷う。
いずれにしても、日曜の午後は、ビールとローストビーフで決まり!
[PR]
by Hhisamoto | 2009-01-18 17:27 | ■B級グルメ
<< 朝青龍のド根性をみた! 焼いもには「紅あずま」を >>