クアラルンプールの夜

e0028123_14111635.jpg私にとってはじめての東南アジア出張となったクアラルンプール。

欧米と様子が違うことはかなり以前に聞いたことがあるが、体験によって実感することになった。 近代化しつつも、宗教感が日常生活を取り巻く社会。 亜熱帯特有の突然のスコールで洗い流されるようになる市街地。 そびえ立つ商業ビルと貧困が同居する街並み。 竣工の途中で資金が途絶えたために、そのままの姿で残るビル群。 有名無実となっている交通ルールなど、街ゆく人々はマイペース。 ・・・どれも興味深かったが、慣れるまでは少々疲れた。  

e0028123_14115391.jpgマレー系、中国系とインド系が混在するイスラム国家だが、豚肉も食べられる。 食べ物は何を食べても比較的安くて美味しいが、酒はビールをはじめ、コンビニで買っても高いため、酒飲みには面白くない。 

屋台も多く、その中でも肉骨茶(バクテー)は人気が高い。 南国なのでフルーツも非常に多彩でどれも美味しい。 ドリアンはポピュラーな果物として売られていたが、私は遠慮して食べなかった。 写真の料理は、マレー系のレストランで食べた魚を一匹まるごと使ったカレー鍋のような料理。 名前は忘れてしまったが、とても美味しかった。

慣れるまでの少しの時間と、英語の通じる余地があれば、私はまだまだどの国にも順応してみせる!
[PR]
by Hhisamoto | 2009-03-14 14:08 | ■B級グルメ
<< 『出星前夜』 飯嶋和一著 映画 『チェンジリング』 >>