<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『オリバーツイスト』とロマン・ポランスキー監督

e0028123_23371913.jpgチャールズ・ディケンスの名作『オリバーツイスト』をDVDで観た。 高校生の時、英語原文で読んだという記憶はあるが、内容の記憶がまったくない。 高校時代をいかに散漫にすごしていたかが分かるようでつらい。 

今回、ロマン・ポランスキーの作品として観ると、思いのほかユーモアがただよっていて、ミュージカルを観たような気分が残った。 私のイメージするポランスキー監督は、もっと人間の性を恐ろしく表現する人だと思っていた。 逆に、『オリバーツイスト』のように困窮の極み描いている原作を、人間性を強調して柔らかな印象を与えることにより、興味深く引き付けて観させることが、ポランスキー監督の表現者としての奥深さかもしれない。 

有名な話しだが、私の知っているロマン・ポランスキー監督とは、すざましい人生を歩んでいる人だ。

1933年にフランスに生まれる。 両親はポーランド人。 第二次大戦勃発2年前の3歳の時に両親と共に彼らの祖国クラクフに移住する。 7歳のときに家族と一緒に強制収容所に送られ、母は1941年に死ぬ。 自身はなんとか脱走して地方を放浪し、いくつかのカトリック教徒の家にかくまわれながら生き延びる。 その後、ポーランドで14歳から俳優活動を始めるに至るまでの労苦は容易に察することができる。 

1955年からは短編映画を監督するようになり、その後も監督・脚本・主演を務める。 29歳の時に初の長編映画「水の中のナイフ」を手掛けた。 欧州で名声を得た後にハリウッドへ進出。 1968年「ローズマリーの赤ちゃん」で一躍脚光を浴びるが、翌年の1969年、妻で女優のシャロン・テイトがお腹の赤ちゃんと共に、女性カルト教団に惨殺されるというショッキングな事件に遭い、失意で欧州へ帰ってしまう。

もうアメリカには戻らない、と言ったポランスキーだったが、シェイクスピア劇を血生臭いスタイルで仕上げた「マクベス」で再びハリウッドへ。 1974年には「チャイナタウン」が絶賛される。 しかし、1977年にロスのジャック・ニコルソン邸で、当時13歳の子役モデルに性的行為をした事により逮捕。 なんと実刑 懲役50年以上という有罪の判決を受ける。 アメリカは時に子どもへの犯罪に対して徹底した糾弾がなされるが、まさにそのケースだ。

e0028123_23375194.jpgポランスキーは服役を避けるため、映画撮影と偽ってアメリカを出国し欧州へ逃亡する。 逃げ方もすごい。 その後、司法取引か何かをしたのだろうが、以来アメリカへは一度も入国していない。  

1989年に女優のエマニュエル・セニエと3度目の結婚をして、2人の子どもをもうけている。 『戦場のピアニスト』でアカデミー監督賞を受賞したが、のこのこと受賞式に渡米して、欧州に帰れなくなり、奥さんと子どもに会えなくなったら大変なので参加していない。

『兄弟』や『赤い月』を書いた日本のなかにし礼さんもそうだが、凡人の私から見れば、苦境と波乱を糧に生きているおそろしくたくましい人種、としか思えない。 芸術家とはすべからくこういうもの?
[PR]
by Hhisamoto | 2006-10-30 22:31 | ■えせ文化人(本、映画・・)

2006日本シリーズとビールかけ

e0028123_0532068.jpg日本ハムファイターズが、北海道を本拠地に据えて3年目、チームとしては44年ぶりの日本一となった。 第1戦は中日が勝ったが、そのあとの4試合を日本ハムが連勝しての優勝だった。

話題は、当然のように新庄の優勝引退についてだ。
9回の表、新庄に最後の打順が回ってくる。 ありがたいことに、その直前の打席、稲葉がホームランを打ち、勝ちをほぼ決定づけた後だ。 おかげで新庄は、思う存分泣きながらの三球三振で最後のステージを終える。 (どこまで舞台が調っているのだろう、と関心してしまう) 

私の新庄の思い出といえば、阪神の選手時代だ。
1999年 当時、監督は野村克也。 ジャイアンツ戦で槙原投手が投げた意志の乗りきらない不用意な敬遠球を新庄がおもいきりひっぱたいて、サヨナラ安打にしたシーンだ。 それは、管理された組織野球の枠の中で筋書きを決められてたまるか、という気迫が呼び込んだように見えた。 なんてゴキゲンで楽しい奴なんだろうと印象に残った。

第4戦には、監督批判で外されていた金村投手が登板。勝利した。
全身でファンや関係者に詫びる姿が、この人の心の素直さを表しているようで、ただ感心するばかりだった。 外された原因は、9月の試合中、5年連続2ケタ勝利へ意気込む金村が、勝利投手の権利を得るまであと一人、というところで監督から交代を告げられたことに腹をたて、「絶対に許さない。 顔も見たくない」と暴言を吐いたことによるそうだ。

失敗やいさかいがあっても、人間同士で軌道修正し合いながら、立て直していける見本を見せてもらった気がした。 (私の心の中にもこんな素直な気持ちと勇気があるだろうか?)

ところで、あの『ビールかけ』というセレモニーは、あれ以外にもう少し無駄のないやり方はないものだろうか、といつも思ってしまう。 また、あれをテレビで長々と放映しているが、見ていてそんなに面白いものだろうか?(参加していれば別だろうが・・) 
[PR]
by Hhisamoto | 2006-10-26 23:33 | ■おやじスポーツ

『美しい国へ』 安倍晋三

e0028123_015472.jpg安倍さんは何のためにこの本を書いたのだろうか。 自らを「闘う政治家でありたい」と言い切り、ここ一番、国家のため、国民のためとあれば、批判を恐れず行動する政治家になるんだ、と夕日の海に向かって声をあげているようにも思える。 つまり、総理就任時の『所信表明演説』より前に、『初心表明演説』して、この初志を貫徹します!と宣言したのだろう。 従来の政治家がこの手の本を書けば一様にうさん臭く感じられるが、素直に読めるのはこの方の人柄なのだろうか。 全編にわたり平易で理解しやすく書かれていて、「分かりやすくするから、政治に関心を持ってね」と促されているようだ。 

私は、今年の9月から内閣総理大臣を就任したこの安倍さんに、2つの関心事がある。

一つは、この安倍さんが北朝鮮拉致問題提唱のパイオニアであったこと。 安倍さんの拉致問題への係わりは、有本恵子さんが1983年に留学先のロンドンで行方不明になり、5年後に北朝鮮にいることが判り、両親が晋三の父・晋太郎の事務所に助けを求めて来た時から始まっている。

当時、拉致問題は政治の土俵には上がっておらず、被害者家族にしてみれば国に見捨てられたようにすら思えていただろう。 この問題に敢然と立ち向かったのが安倍さんだった。 そして、2002年に一時帰国した蓮池さんら5人の拉致被害者を「国家の意志として5人は帰さない」と言い切ったのもこの安倍さんだ。 マイノリティな議員のスタンスを恐れずに歩む姿勢と決断力を示している。

もう一つの関心は、総理として掲げているテーマ「教育の再生」への期待だ。
本の中では、戦後の日本人が、なぜナショナリズムをうまく表現できなくなったのか、という点についてかなり納得のいく分析をしている。 そして、戦後教育にも問題があるとした上で、その対策の手本をイギリスのサッチャーさんが80年代に行った改革に求めている。

たしかに少子国家となった今、教育の手本にする国は今さらアメリカではあるまいと思う。 イギリスの実態はよく知らないが、この教育改革の火は、メージャー首相、ブレア政権へとアクション・プランが引き継がれ、国に対して誇りをもてる教育に取り組んでいるという。  

もっと身近な教育施策の話しとしては、「ダメ教師には辞めていただく」という。
私には小学生の娘がいるが、低学年だった時の担任教師に、公務員として首にならないギリギリの線で公休を綱渡りのように使いこなし、学校をさぼる教師がいた。 かなり問題になり、親が続々と校長室に詰めかけたと聞く。 この辺のことを言っているのだろう、と想像した。

また、幼児教育の改革にもふれている。 幼稚園と保育所を一体化した「子ども園」の認可を推進するという。 幼稚園は文科省、保育所は厚労省の管轄だから縦割り行政がどうのこうの・・など、手垢のついた理由を飛び越えて実践してほしい。 「三つ児の魂・・」というが、人間の原点が育まれるのは幼児期にある、というのが私の考えだからだ。

問題が表面化したり、対策の効果も分かりやすい小学校以降の教育に対応する政治家が多いが、3歳~5歳の幼児教育にふれているこの人の姿勢に期待したくなった。
[PR]
by Hhisamoto | 2006-10-20 23:43 | ■えせ文化人(本、映画・・)

西国分寺 カレーハウス 『すぷーん』

e0028123_2023158.jpgひと言でいえば、完成されたカレーライスを食べさせてくれる店。 カレーは一種類。 トッピングでメニューバラエティーをアレンジしているが、ベースになっているカレーそのものがおいしいから何を食べてもおいしい! 週替りカレー(写真はカキフライカレー)という季節のおすすめメニューが用意されているので、たいていのお客さんはこれをオーダーするが、私はプレーンカレー(¥420)で十分満足してしまう。

世の中には、ご本家のインドカレー、洋食屋さんのカレー、スープカレーと多種多様なカレーがすでに存在しているが、ここのカレーはコスモスのようにバランスのとれた日本人に愛されるカレーだと思う。 一種類のカレーのみで勝負している男らしさも私は大好きだ。 こんな味が作り出せたらどんなにか楽しいだろうと、ナベを振ってみたがどうにもならず、くやしいので武蔵境のインドカレーの教室へ通って基礎から勉強している。

今年の夏にはお店の10周年記念をやっていた。 私は西国分寺に住んで9年目だが、毎日通る道すがらにこんなすごい店があったことを知ったのは、カレーに目覚めたここ3年のこと。 最近でこそ、ご主人の山田さんと言葉を交わせるようになった。 今日も、この写真を撮らせてもらっていたら、ネットにファンサイトがあることを教えてくれたので、MIXIを検索してみるとメンバー76人の堂々たるコミュニティが1年も前からできていることを知った。
これまたくやしいけれど、77人目の参加者になった。
[PR]
by Hhisamoto | 2006-10-19 20:20 | ■B級グルメ

その国の名は、 『キッザニア』

e0028123_23335381.jpgエデュテインメントタウン『キッザニア』という独創的なテーマパークが豊洲にできた、という情報を私の嫁さんが聞きつけてきた。

2歳~3歳の幼児、4歳~15歳のこどもが対象のテーマパークだが、その国「キッザニア」の市民として働いたり、時にはこども議会で企画を担当したりする完全な参加型らしい。 働けばこの国の紙幣「キッゾ」で給料が支払われ、そのお金でショッピングができるという。 さらに、キッザニア内の銀行で口座を開くとキャッシュカードがもらえ、ATMを使ってこどもが自分でキッゾを引き出したりできる。 貯金しておけば次回来場した際にそのキッゾを使える、という仕組み。

働いたり消費したりの体験できるショップ一覧を見ると、スポンサー企業がそれぞれひと工夫を凝らして並んでいるところが興味深い。

『モスバーガー』の店員になってハンバーガーを作る。 パン屋さんの『DONQ』では、パン生地を発酵させて焼き上げる。 『宅配センター』では、ヤマト運輸の配達員になって、荷物を収集集したり、配達車に乗って働き、給料8キッゾをもらうことができる。 三菱自動車の『運転免許試験場』では逆に、道路標識や交通ルールについて勉強をし、自分の写真が入った運転免許書をもらって10キッゾを支払う。 (こどもはこの手のごっこ遊びが大好きだ!)

その他にも、消防署や病院、幼稚園、新聞社、ガソリンスタンド、デパート、ラジオ局、ビジネススクールなど、70以上のパビリオンがあるという。

「エデュテインメント」という言葉が生まれて久しいが、残念ながら日本ではそれらしい成功事例がないので期待したい。 ホームページで運営会社を見ると、株式会社キッズシティージャパンとあり、伊藤忠商事を筆頭に、カーギルの名前まである。 これだけの企画を立ち上げた人物とは、どのような能力とバックグランドを持っているのか興味がわいたが、実はこの企画運営の母体も、キッザニア第1号店もメキシコシティにあり、現地では1999年のオープンから約6年間、予想を上回る年間82万人の来場者を記録しているという。

10月5日オープンと聞いて、こどものために早速申し込みをしたが、予約が取れたのは来年2月の後半だった。 (http://www.kidzania.jp/)
[PR]
by Hhisamoto | 2006-10-08 22:11 | ■えせ文化人(本、映画・・)

アメリカ産の花柳小説 「さゆり」

e0028123_21484296.jpge0028123_2148574.jpg実話のように読めるこの小説の完成度の高さにぶったまげた。

外国人だろうと、深い探究心と労力をもってすれば、他国の文化を洞察して人の心をゆさぶる小説が書けることを証明している。
作者のアーサー・ゴールデンはニューヨーク・タイムズのオーナー一族に生まれたが、ハーバード大学で日本語を学び、ボストン大学でMA(文学修士)の学位を得て作家の道を選ぶ。 その彼が最初に書きはじめた小説が、日本の花柳界についての小説だった。 その小説に、10年の歳月を要して3回の書き直しを行い、発表したものが「さゆり」であったことを下巻のあとがきで知った。

作者は、「もし、日本の作家が日本について書いたとしても、日本文化を正しく伝えているかどうかという疑義が持ち出されることはないでしょう。 しかし、それを外国人が書いたとしたら、たとえ一字一句まで同等の作品であろうと、ちがった目で見られるはずです。」 と、外国人が他国の文化に足を踏み入れた際に生じる軋轢感覚を察していた。 そして、人間の咎に触れる覚悟を持ってこの小説を世に出し、世界中に認められた。 

こんな卓越した小説を書いてしまったら、作者のアーサー・ゴールデンはもう燃え尽きてしまって、次の小説を書けないのではなかろうか、と懸念さえしてしまう。 
[PR]
by Hhisamoto | 2006-10-07 08:12 | ■えせ文化人(本、映画・・)