<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『フレンチの達人たち』 宇田川悟 著

e0028123_23261428.jpgそれらしいフレンチレストランに行った記憶といえば、恵比寿ガーデンプレイスの「タイユバン・ロブション」くらいしか思い浮かばない私にとって、この本は新鮮だった。

石鍋裕、三國清三、村上信夫、根岸規雄、ジャック・ボリー、井上旭、ジョエル・ロブション、上柿元勝、斉須政雄、北島素幸、高橋徳男、鎌田昭男、熊谷喜八、勝又登、平松宏之 の16名の代表的シェフの料理と生き様について書かれたルポルタージュ。

登場する日本人のシェフたちは、まだ日本に手本となるフレンチレストランが存在しなかった時代に、当然のごとくフランスへ渡り、そして差別の中を手探りで模索する体験を同様に持つ。 そして帰国後に、街場のレストラン、一流ホテルのレストラン、オーベルジュ、レストランチェーンの経営など、それぞれの道に進む。 成功者たちであることには違いないが、自分の中に貯めこんだ貯金の使い道が少しずつ異なる点が興味深い。

また、フランスでの生活が長い著者は、ミシュラン・ガイドブックの厳格さと中立性について以下のように紹介している。  『フランスにある約5万軒のレストランの中から、ミシュランに掲載されるのは約1割、さらに星を与えられるのがその内の約1割だ。 頂点に君臨するエリートの3ツ星はたった二十数軒。 フランス社会と同様、食の世界にも厳然たる階層が築かれている。 かつてミシュランの星を奪われたために自殺したシェフがいたし、星を獲得するために政官財に四方八方手を尽くしたが、諦めざるを得なかったシェフもいたという。』  日本にも、今年の11月から日本版ミシュラン・ガイドブックが発刊されるというので楽しみだ。

さらに著者は、フランス料理が数ある世界の料理の中で王道とされるだけの奥の深さなどをもっている、と説明している。 このあたりの洞察の深さも面白い。 たしかに日本料理、イタリアンなど数種のレストランを抱える大手ホテルのレストランの総料理長といえばフレンチシェフがその座に居ることが通例だ。 しかし、私の弟が勤めていた赤坂全日空ホテル(今は外資が参入してANAインターコンチネンタルホテル東京となった)には唯一中華料理の総料理長が存在する。 この中国料理「花梨」の総料理長・麥 燦文(ばくさんぶん)氏が厨房にいる時の料理はずば抜けてうまい。 文句なくうまい! とてつもなくうまい!!

私は35歳の時、弟に勧められてはじめてこの「花梨」で、当時の彼女と食事をすることになったが、そのおいしさに驚いたことが忘れられない。 メニューが奇抜なのではなく、通常の中華料理のメニューがチャーハンに至るまでおいしいのだ。 これにはたまげた。

でも今は、その時の彼女がもっとおいしいチャーハンを家でちょくちょく作ってくれている。
[PR]
by Hhisamoto | 2007-07-26 23:26 | ■えせ文化人(本、映画・・)

『裏から見た表』 森 泉人

e0028123_10135743.jpg敗戦国となった終戦直後の日本では、それまで虐待していた朝鮮系、中国系の人たちが反動的に暴れ回ったが、この暴動を当時の警察は治めることができなかった。 それを身体を張って収めたのは、やくざの親分衆の侠気だった。

その親分衆の中でも、器量の大きさと侠気で頂点を極めた稲川会総裁「稲川聖城」の生きザマが、側近・森泉人氏によって書かれた本。

なぜ、こんな本を薦められたのか分からなかったが、読み始めてみればイッキ読みしてしまうほど面白かった。

当時、竜虎と称された、西の「田岡一雄」山口組三代目組長、そして東の稲川会総裁「稲川聖城」。 ”両雄並び立たず”という言葉があるが、この両者はついに争うことなくお互いの立て引きによって”並び立つ”ことができた姿が描かれている。 日本のトップを極めた両雄のスケールの大きさと賢さは、社会の裏とか表などに関係なく、傑出した人物であったのだろうことが容易に想像できた。

この本の全編、「立て引き」という言葉が多く使われているのに気がつく。
耳慣れない「立て引き」という言葉の意味も、読んでいる最後には理解できてくるような気がした。 辞書には「義理を立てること」とあるが、私利私欲ではなく大局に立ち、相手の立場を考えて行動すれば、おのずから志が理解される。 レベルの高い理解があるから、義理を立てた方も立てられた方もお互いを理解しようとする心が生まれる。 そんな志のすり合わせのことであり、駆け引きでもなければ、貸し借りでもない。 そう理解をした。

また、森泉人という著者は知性派参謀だったらしく、永田町のことにも多く触れていることが興味深かった。 高く評価できる近代政治家に、後藤田正晴氏、土井たか子氏などをあげているが、私もまったく同感とするところだ。

児玉誉士夫とのやり取りなどもスケールの大きな話しで面白い。 本宮ひろしの漫画を連想させるような場面がたくさんあった。
[PR]
by Hhisamoto | 2007-07-07 10:12 | ■えせ文化人(本、映画・・)

『きみは太陽のようにきれいだよ』 福原麻希 訳

e0028123_22535783.jpg送られてきた包みを開くと、AMAZONでもないのに本が出てきた!

広場で開かれるパーティーに、ホセは妻のアナを誘います。 しかし、自分はもうおばあちゃんだから、パーティーなんか似合わないから行きたくないと言うアナに、ホセは愛の言葉をささやき続けます・・。  瀬戸内寂聴さん推薦の素敵な老夫婦のお話し、と紹介されているほんわかとした絵本だ。

この「大人向け絵本」という面白いコンセプトの絵本を、スペイン語から日本語に翻訳したのが私の仲間の福原麻希さんだ。 この福原麻希は、以前 『国見発 サッカーで「人」を育てる』 小嶺 忠敏 (著) という新書の編集にたずさわるなど、執筆者としても実績を持っている女史。 小さな体でエネルギッシュに取材に走り回る姿を思い浮かべると、ほんわかとした気持ちになってきた。
[PR]
by Hhisamoto | 2007-07-02 22:49 | ■えせ文化人(本、映画・・)

『野菜カレー』 by フクイのカレー

e0028123_2131526.jpgとなりの席で営業事務をしてくれていた女の子が、精神科の療法士になる勉強をするとかで退職することに。 いつも当たり前のようにいてくれた人がいなくなる。 明るく素直で、なんでもテキパキとこなしてくれていた人に、私は何をしてあげられたのだろうか、と疑問符ばかりが残る。 いい歳して、うしろを振り返っても、明日から彼女はいない・・。

         < < <  > > >

なんと大根まで入っている野菜カレー。
ライ麦入りのパンが手に入ったので、ゴハンではなくパンで食べたが、これが美味しかった。 日曜日は、これと若干冷やした赤ワインを昼からいただく。 これ目下の幸せの方程式!

************** * *************

  注:「フクイのカレー」とは
  愛知県豊橋のカレーシェフ・福井英史氏が作る至極のカレー。 
  現在、電話(0532-61-4269)による通販でしか入手することができません。

  (紹介されているサイト

e0028123_11313429.jpg 野菜カレー  400g×2袋 (4人分) ¥1,365
 大辛カレー  400g×2袋 (4人分) ¥1,365
 ビーフカレー  400g×2袋 (4人分) ¥1,417

 ソースカレー  400g×2袋 (4人分) ¥1,155
 ハヤシソース 400g×2袋 (4人分) ¥1,155
 黒ゴマカレー 400g×2袋 (4人分) ¥1,155

 ポークカレー辛口 400g×2袋 (4人分) ¥1,155
 ポークカレー2007 400g×2袋 (4人分) ¥1,365
[PR]
by Hhisamoto | 2007-07-01 21:02 | ●『フクイのカレー』