<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『新・八五郎出世』 立川志の輔

e0028123_119075.jpg出張で山口県宇部へ向かった。
全日空の機内で何気なく聴いた番組の「落語」がなんとも面白かった。 立川志の輔が語る『新・八五郎出世』 という江戸人情話しだ。

「宵越しの銭はもたねぇ」と威勢だけはいい貧乏長屋の大工・八五郎。 その妹・つるは、お屋敷奉公の下働きをしているとき、殿様の世継ぎの子を宿して奥の座に着くことになる。 その知らせが、母親と二人で長屋に暮らす八五郎のもとに届くと共に、お屋敷に来るようお呼びがかかる。

長屋の大家に借りた衣装で袴姿をどうにか作り、言葉使いにくれぐれも気をつけるようにいわれながらお屋敷に上がる八五郎。 酒を振舞われ、酔いにまかせて本音を語る八五郎の言葉から親想い・妹想いがにじみ出る。 八五郎が気に入ったお殿様は「士分」に取り立てて禄を与えようと言葉をかけるが、背伸びをせずに、いまの自分が生きている場を大切にしようとする八五郎の想いが掛け合いになる。 

八五郎 「うちにはババアがいるから、長屋を出て侍奉公なんてできないの!」
殿様  「ならば、母親もいっしょに屋敷へ来るがよい」 
八五郎 「うちのババアは、井戸端がないと生きていけないの!」 ・・・

といった八五郎の間抜けな言葉の数々に、やさしい想いと人情がぎっしりと詰まっている。
元々あった「八五郎出世」という古典落語を、志の輔が人情話しに作り変えたらしい。 こんなオリジナル化が許されるのも立川流だからだとするば、それもすばらしい。
お薦めの落語の一つです。

もし、もう一つ好きな落語を挙げろと言われれば、三遊亭金馬の『芝浜』。
酒ばかり飲んでいる男が芝浜で大金の財布を拾うが、妻の言葉によってこれを夢と諦めて改心、懸命に働き、後に妻から事の真相を知らされるという人情話し。

それにしても落語は、噺家しだいでまったく違うものになることを感じる。
やっぱり最後は「人」なのかな~。
[PR]
by Hhisamoto | 2007-08-31 22:11 | ■えせ文化人(本、映画・・)

『レミーのおいしいレストラン』

e0028123_21564633.jpg長女と二人で観る映画の記念すべき第一作目となったのがこの映画。 (この映画を奨めてくれた友人に感謝!)

映画の中のフランス料理界のあり様が、現実に近いシュチエーションとなっているところからして面白かった。 惜しまれて世を去った伝説のシェフ「グストー」は、最年少で五つ星を獲得した男。(料理人らしい太っちょに描かれている) そのグストーの店が舞台となるが、厨房には料理長としてのシェフ、セカンドのスーシェフがいて、重要なソース作りを担うソーシエ、肉料理担当のロティスールやデザートのパティシエまでがちゃんと描かれている。 (従業員を、素性よりも働きを重視して採用している様子まである) 

また、グストーの店は、かつての五つ星から彼の晩年に四つ星へ降格され、さらにオーナーシェフの彼の死によって、慣例通りに星を一つ減らされて三ツ星に落ちている。 このあたり、老いたグストーに代わって現場を任されることになったチーフシェフの力量のなさが招く顛末として、ありそうな物語となっている。 また、レストラン「グストー」を取り巻く世評と、世評をつくる代表格として、料理評論家の大御所イーゴが登場する。 このあたりの設定も現実的にありそうな様子で面白い。 (というより、実際のモデルがあるのかもしれない)

物語の中で五つまであった星の数は、実際には最高で三つまでだが、ミシュランの星の数がフランス料理店を一喜一憂させる厳格なる力を持っていることは本当だそうだ。( 『フレンチの達人たち』 ) その料理の世界で働く者たちの話しがプロットとして完成されていて、さらにファンタジーが加えられているから楽しい。 子どもといっしょに観る映画をそこまで分析しなくていいと自分でも思うが、レストランの世界に興味のある私はそんな見方をしてしまった。
[PR]
by Hhisamoto | 2007-08-18 21:55 | ■えせ文化人(本、映画・・)

追悼 河合隼雄 『深層意識への道』

e0028123_151545.jpgものしりな仲間に教えられ図書館に行けば、すでに「追悼コーナー」まで設けられている河合隼雄さんの著書の数々。 ユング派心理分析家の第一人者としての功績と、日本語、英語、ドイツ語で百冊に至る著書を残して、この7月に亡くなった方だ。 無知な私はこの方の本を読んだことがなかった。

まず手にとった『深層意識への道 (グーテンベルクの森)』 という単行本を読んで驚いたのが、その人なつっこい平易な文章表現。 「難解な内容を、いかに容易で理解しやすく表現できるか」 これこそが高いインテリジェンスの発露だと感じる私には本当にウレシイ。 しかも、一貫してユーモアを忘れない表現に、この方の人間性のレベルの高さを感じる。 心理学者という人間の中枢を掘り下げる職業をしている方でも、必ずしもこのような表現力をたずさえている方ばかりとは限らないはずだ。 

たとえば、フロイトとユングと仏教思想との位置付けに至る話しまで、無理なく表現しようとするくだりがある。 「欧米の近代というのはがっちりした意識体系をつくって自我というものを確立し、自我の強化に努力しているなかでフロイトとかユングが、それだけでは駄目だ無意識ということを考えないと駄目だと言い出したのですが、仏教はそんな自我を固めないです。 固めずに意識もどんどん、どんどん深く降りていったら、ものすごく面白い意識があるというので、無意識などとはいわない。・・・(中略) だから仏教は、そんなことはもう知っていたで、と言いそうなところがある・・・」

評論家ならいろいろと言うだろうが、分析家自身でこんなことを大胆に語っている人を私は知らなかったので面白かった。 当分、この方の著書にはまりそうな気がする。
[PR]
by Hhisamoto | 2007-08-15 21:05 | ■えせ文化人(本、映画・・)

『ポークカレー辛口』 by フクイのカレー

e0028123_1571299.jpg家族旅行といえば、飛行機にも乗れて遠くに来た気分も味わえるのが定番の北海道旅行。 しかも初夏は涼しく、おまけに旭山動物園がつけば定番が手をつないだような状態だ!

そんな北海道へ行ってきました。
この季節、小樽の優しい海風は私に地ビールを飲め飲めと誘っているようにしか思えず、ホテルでは家族が寝静まってからも、ひとりでグビグビとやっていた。 旭山動物園はうわさ通りの工夫された動物園。 今や日本一の来場者数が従業員のモチベーションをさらに揚げているように思えた。 立て看板など「手作りモノ」が目立つのもほほえましい。 

。。。。。。 。 。。。。。。

今日は、今夏最高の36℃に達した真夏日。 
迷わず冷凍庫から『フクイの辛口ポークカレー』を取り出して食べた。
この辛さ、最高!
************** * *************

  「フクイのカレー」とは
  愛知県豊橋のカレーシェフ・福井英史氏が作る至極のカレー。 
  現在、電話(0532-61-4269)による通販でしか入手することができません。

  (紹介されているサイト

e0028123_11313429.jpg 野菜カレー  400g×2袋 (4人分) ¥1,365
 大辛カレー  400g×2袋 (4人分) ¥1,365
 ビーフカレー  400g×2袋 (4人分) ¥1,417

 ソースカレー  400g×2袋 (4人分) ¥1,155
 ハヤシソース 400g×2袋 (4人分) ¥1,155
 黒ゴマカレー 400g×2袋 (4人分) ¥1,155

 ポークカレー辛口 400g×2袋 (4人分) ¥1,155
 ポークカレー2007 400g×2袋 (4人分) ¥1,365
[PR]
by Hhisamoto | 2007-08-11 01:57 | ●『フクイのカレー』