<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『絶対音感』 最相葉月 著

e0028123_21115466.jpg世の中のすべての音が音階をもって耳に飛び込んでくる。 音楽人にとってはプラス要素であるが、街の喧騒や雑音に至るまで研ぎ澄まされて聞き取る耳は、必ずしも快適ではないらしい。 そんな『絶対音感』にまつわる話しと、音楽家たちの逸話が峻烈で印象的だった。

たとえばバイオリニストの千住真理子の話しがある。

千住真理子は、最年少の十五歳で日本音楽コンクールに優勝したとき「天才バイオリニスト誕生」と絶賛された経験がある。 ただそれは、テクニック先行型の天才バイオリン弾きが生まれたという担保つきの賛辞であり、決して喜ばしいものではなかった。 しかも、師の江藤俊哉はいった。 「あなたはもう完璧だ。 弾けないものは何もないはずだ。 でもこれからがたいへんだね。 これからあなたに求められるものは、音楽という名の芸術だ。 いつの日か、あなたの演奏で僕を感動させてください」

千住はただ呆然とし、返す言葉を見つけることができなかった。
「技術を磨くことは簡単なのです、一生懸命努力すればいいのですから。 でも、私はそのとき、テクニックが100%あるということで、自分にないものを完璧にさらけだしてしまったのです。 何の表現をしたい自分もいなかったのです。 友だちが何人かいて、好きな先生や嫌いな先生もいて、好きな科目もある。 そんな、ごく普通の十五歳の私しかいなかったのです。 喜怒哀楽も非常に稚拙なものでしかない。 幼稚な感情しか表現できない。 テクニックは完璧だけど内容は希薄、幼すぎる。 悩みました、本当に」

二歳半からバイオリンを習い、十五歳で技術を完璧にした。 絶対音感も、優れた相対音感も手にすることができた。 しかし、どんなに高度なテクニックで難曲を弾きこなすことができても、人を感動させることができない。 欠落していたものにぶちあたった千住は、自分がバイオリニストであることに何の意味があるのかとまで悩んだ。 なぜ自分が演奏することでお金をもらえるのか。 なぜみんな喜ぶのか。 本当にみんな喜んでいるのだろうかと疑いさえした。

その後、彼女はバイオリンを手にできない時期を幾度か繰り返しながら大人になっていく。 そして、阪神大震災直後には、神戸の街をバイオリンを手に歩き回る経験をしている。 子どもも大人も千住の奏でる音楽に涙を流して喜んでくれた。 その喜びは千住自身の感動となった。 

このくだりは、「涙は脳から出るものではない」という章にある。
絶対音感。 最高の音楽テクニック。 結局、人の心を揺さぶるものとは ・・・
ノンフィクションライターの最相さんが書きたかったのは、この部分なんだろうなぁと思った。
[PR]
by Hhisamoto | 2007-09-26 21:06 | ■えせ文化人(本、映画・・)

『分とく山』で日本料理

e0028123_1629324.jpgおよそ10ヶ月ぶり。 麻布にある野崎洋光さんの「分とく山」に日本料理を食べにいった。

今回はフクイカレーの福井氏と共にカウンターに座った。 前回は離れの部屋をとっていただいたが、盛り付けする手もとを見せてもらえるのでカウンターも楽しかった。

料理とは別に、野崎さんが提携を考えているという純天然製法の『大豆油』を賞味させていただいた。 普通の大豆油は石油を使って圧搾し、最後に石油をとばして油を残す方法らしいが、この大豆油は何も添加しないで圧搾・絞りを行っているという。 引き締まった香りがしっかりとあり、口に残る印象はとにかく軽い。 野崎さんもホンモノを求めていろいろと探求されているのだろう。


e0028123_23551560.jpg次々と出される料理には、けっして目立ちはしないが工夫のあるものばかり。 たとえば、このえび料理に使われているソースはフレンチを連想させるような奥深い味わいがあったし、デザートに出されたゼリー状の冷菓もおもしろい食感だった。

野崎さんは、カウンターで常に柔和な笑顔をもってお客様と談笑。 「料理の味で勝負」といった気負いをお客に突きつける気難しいすし屋を私は知っているが、そんな気配はまったくない。 洗練されたプロのホスピタリティで『食』を楽しませてくれる。

e0028123_23495447.jpgまた、私たちには、最新の著書である「料理学」という本をサイン入りでくださった。 日本料理の基本にして秀逸な部分を家庭料理に応用できるように、とセンスよくまとめられている本だ。 (いったい何冊本を出されているのだろう、と感心してしまう) 

レッドソックスの松坂も帰国した際には立ち寄って食事をするらしい。 我々も年に二回くらいは来たいなぁ~。
[PR]
by Hhisamoto | 2007-09-21 22:26 | ■B級グルメ

後楽園ホールでボクシング観戦 

e0028123_16251934.jpg金子ジムとトクホン真闘ジムの共同興行のチケットがまわってきたので、後楽園ホールに足を運んだ。

全部で8試合が組まれた興行だったが、半分以上がKOで決着のつく迫力のある試合ばかりだった。 メインイベントは8回戦の方波見選手(伴流ジム)VS仲田選手(横浜さくらジム)だったが、これも豪快なKOで方波見選手が勝った。 一緒に観戦した宮城氏いわく「あれは相手を翻弄するストリートファイトのパンチだ!」 とのこと。 (相変わらずおもしろいボクシングの見方をする人だと感心!)

また、メインイベントの前には、袴田事件の冤罪をアピールするスピーチがあった。
袴田事件とは、1966年に殺人・放火の疑いで死刑判決に至った元プロボクサーの袴田さんをめぐる事件だ。 極微量の血痕が付着した(自分のものでない)パジャマを押収されただけで犯人と断定された袴田さんの冤罪を求めて東日本ボクシング協会が立ち上がっている。

リング上で輪島功一会長にマイクが渡ると、そのキャラクターと熱意で会場がわいた。 輪島さんのスピーチには人の心を素手でさわるような親近感がある。 話し方の技術を超えたすごさをいつも感じさせられる。 

輪島功一という人の、現役の頃の狂犬のようなボクシング、粗野なジムの会長、タレント以上のキャラクター、国分寺でだんご屋を経営するオヤジ、とが相まった生きザマがおもしろくて私は大好きだ。
[PR]
by Hhisamoto | 2007-09-19 22:23 | ■おやじスポーツ

気合の入った酒屋で

e0028123_2159507.jpgココ・ファームワイナリーのワインを購入するため、府中の柏屋という酒屋に出向く。 本命の白ワインを買いたかったが、ココ・ファームの白ワインは高かったので2006年の赤を買った。

このワインのバランスの良さに感激。 おそらく年代を経たものは酸味がもう少し薄くなり、代わりにアルコールの香りが適度に強くなることを予感させる。 甘みもほど良くあり申し分ない。

e0028123_2211714.jpgついでにベンネイビスを購入。
久しぶりに見かけたので買おうと思うと、現在は値段が¥1200になっていた。 このウィスキー1年前までは¥900台で買えていたはず。 伝統あるスコットランドのBen Nevis蒸留所で造られたこの純粋でキリッとしたスコッチウィスキーが千円以下で飲めることは案外知られていなかった。 それを見出した密かな自負と味わいを楽しんできた私にとっては少しショックだった。

日本人はシングルモルトの高いウイスキーを偉そうな顔をして飲むのが好きだ。 そういう連中に対して高い税金と利幅を設定すべきであり、本当の無印良品はそっと無視しておいてほしい。
[PR]
by Hhisamoto | 2007-09-17 23:45 | ■B級グルメ

『知的障害者のかっこいいワイン』 日経マガジン

e0028123_2135101.jpg日本経済新聞を購読すると、月に1回、日経マガジン「THE NIKKEI MAGAZINE」というおまけがついてくる。 私は、気持ちのこもった編集が施されているこの小冊子が好きで、毎回楽しみに読んでいる。

9月号の記事に『知的障害者のかっこいいワイン』と題されて、栃木県足利市の「ココ・ファーム・ワイナリー」のことが載っている。 ここはスパークリングワインが2000年の沖縄サミットの晩さん会の乾杯に使われたことで一躍有名になったワインファームだ。 ソムリエの田崎真也さんの推薦で候補になり、最後はラベルを隠したブラインドテストで選ばれた正真正銘の実力派だそうだ。

そして特徴的なことは、知的障害者の更生施設「こころみ学園」の園生たちが、そのブドウ作りに従事していることだ。 学校を卒業しても働き場のない知的障害者の実情に対して、ならば働く場を作ろうと、こころみ学園の園長である川田昇さんが1958年に私財を投じて山を買い、畑を開いた。 園生30人の更生施設としてスタートした農園の経営は困難だったにちがいない。 職員総出で工事にあたり手作りで始めた様子が彼らのホームページに語られている。

当初はブドウそのものを出荷する農園だったが、ワインへの挑戦にかけたらしい。 とはいえ、単なる夢とロマンの物語だけではなく、ワイン造りへの挑戦はそろばんをはじいた結果だともいう。 生鮮品のブドウは収入が安定しない。 ワイン造りが軌道に乗れば、売り先が確保でき、園生の経済的な自立に役立つと考えたという。 また、「知的障害者が造るワイン、ではだめ。 同情で買うのは1回だけだから。」とプロ意識を確立させている。 さらに、完成したら毎年4本ずつ6年間ワインを届ける約束で一口10万円の出資を募るなど、品質を高めるための資金集めにも工夫が見られる。 「売れるものは何でも売る」と、醸造所併設のショップにはワイン以外の商品も充実しているという。 まさに「したたかに、しなやかに」という表現がぴったりだ。

「与える者」と「与えられる者」ではなく、全員が役割を果たす。 草刈りのプロ、瓶詰めのプロ、園生の家事を支える家事のプロ。 「一人ひとりがプロになってはじめて、本当の自立がある」 園長の言葉が重く響いた。 と結ばれている。

新しい時代の組織作りに、参考になる話しばかりだと思えた。
[PR]
by Hhisamoto | 2007-09-15 08:10 | ■えせ文化人(本、映画・・)

ヨーグルトの効いた 『野菜カレー』

台風にもめげずに、仕事で茅ヶ崎へ向かった。
最新鋭の大型プロジェクターの備え付けられた大きなプレゼンルームで、セミナー形式の商品説明を行う。 自分はどうもこの形態が苦手のようだ。

限られた数名に対しての説明であれば、相手のうなずきを見たり、言葉を交わしながら本当に求めているモノを探り出していける。 ところが、演壇からしゃべるとそうはいかなくなる。

いったい誰にフォーカスを当てればいいんだ?
いつの間にか、みんなに通じそうな抽象的な言葉を使っている自分がいる・・
相手との距離が詰まらない・・
想いが通じない・・。   

そんな時間が終了したのは夕方5時すぎ。
月に一回の私の楽しみ、カレー料理教室「ペイズリー」にも間に合わないので、休むことを連絡した。 その代わりに、茅ヶ崎駅ビルの中にある、しらす料理を食べさせる店に行ってみたが、台風のため看板商品である「生しらす」が網元から入っていないという。 仕方がないので、しらすのかき揚げで我慢することに・・。 やけ気味に、ビールと日本酒をひとりで飲む夜となった。

************** * *************

e0028123_06578.jpgヨーグルトを増やし、さらに豆乳を加えたというフクイの野菜カレーは、まろやかで申し分なくうまかった。

野菜もふんだんに入っていて、食感の楽しい食材も使われている。 作った味を冷凍でそのまま送り届けてくれるから実現できているのだと思う。 レトルトでは味わえない。

  「フクイのカレー」とは
  愛知県豊橋のカレーシェフ・福井英史氏が作る至極のカレー。 
  現在、電話(0532-61-4269)による通販でしか入手することができません。

  (紹介されているサイト

e0028123_11313429.jpg 野菜カレー  400g×2袋 (4人分) ¥1,365
 大辛カレー  400g×2袋 (4人分) ¥1,365
 ビーフカレー  400g×2袋 (4人分) ¥1,417

 ソースカレー  400g×2袋 (4人分) ¥1,155
 ハヤシソース 400g×2袋 (4人分) ¥1,155
 黒ゴマカレー 400g×2袋 (4人分) ¥1,155

 ポークカレー辛口 400g×2袋 (4人分) ¥1,155
 ポークカレー2007 400g×2袋 (4人分) ¥1,365
[PR]
by Hhisamoto | 2007-09-07 11:04 | ●『フクイのカレー』