<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スティーグ・ラーソン 『ミレニアム3』

e0028123_18483444.jpg日本語への翻訳を担当されたヘレンハルメ美穂さんがすばらしい「訳者あとがき」を書いている。 

「 本書には、クルド人難民イドリス・ギティが登場する。 病院で清掃の仕事をしているという設定は、典型的な”移民労働者”のイメージだが、ラーソンはイドリス・ギティの来歴を詳しく語り、彼をひとりの個人として浮かび上がらせることによって、そんな紋切り型のイメージを打破してみせた。 人間はひとりひとりが異なる個人であり、それぞれに固有の歴史がある。 それを”移民””女”と十把一からげにまとめてしまうことこそ、差別のはじまりだと言えるだろう。 『ミレニアム』三部作の登場人物たちが、どんな脇役であっても詳細な設定を与えられ丁寧に描かれているのは、『ミレニアム』の世界のリアリティを築くためであるのはもちろんのこと、固定観念やステレオタイプに基づく差別と戦おうとしたジャーナリスト、ラーソンの気概の表れであるのかもしれない。 」

著者のスティーグ・ラーソンという人はすでに他界してしまったと聞く。 スウェーデンの国民的ベストセラーとなり、映画のヒットも含めた、その莫大な遺産をめぐって親族の争いが続いているとも聞く。 こんなすごい作品を書いてしまったら天命を使い果たして死んでしまうのだろうな、と思えるほど面白かった。
[PR]
by Hhisamoto | 2010-06-27 18:47 | ■えせ文化人(本、映画・・)

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女

e0028123_2039151.jpg過激でいて知的。 人間の心に巣食う魔性と、それに立ち向かう反骨精神。 陰湿な醜さと執念、必ずしも素直でない生き様と人の心・・。 理屈抜きで惹きつけられる作品だった。 これがミステリーの秀作というものなのかと(ミステリー作品に疎かった私は)衝撃を受けた。

登場人物がやたらと多く、そのスエーデン人の名前の長いこと。 ミカエル・ブルムクヴィスト、ハンス=エリック・ベンネルストレム、ニルス・エリック・ビュルマン、・・など、到底覚えきれないが、それでもそんなハードルは問題にならないほどに面白さが先行して、少しでも先を読みたくなる。

仕事仲間から本を借りて何気なく読み始めてハマりきった。 私の読んだ「ドラゴン・タトゥーの女」は、シリーズ3部作の一作目の上下巻だそうで、さらに2部作(4冊)があるそうだ。 (眠れなくなりそうだ!)

以前にダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」や「パズル・パレス」などの作品は読んだが、北欧スウェーデンを舞台にしたこの話しは、さらに上を行く面白さだと思う。
[PR]
by Hhisamoto | 2010-06-10 20:36 | ■えせ文化人(本、映画・・)